Menu

ニキビの特徴 / 種類

ニキビは、乾燥や過剰な皮脂分泌により毛穴がふさがれて皮脂がたまり、もともと皮膚の常在菌であるアクネ桿菌(かんきん)が増殖して、炎症を起こすことが原因です。

白ニキビ(初期症状)

白ニキビ(初期症状)

毛穴をふさいだプツプツとした白い皮脂の塊が見えている状態で「コメド」とも呼ばれます。広範囲に出来やすいのが特徴です。皮脂が空気に触れていないので、酸化していないため白く見えます。毛包が広がり、アクネ桿菌が増え始めます。

黒ニキビ

黒ニキビ

毛穴の入り口で皮脂が空気に触れ酸化し、黒く見えている状態のニキビです。酸化した皮脂や古い角質がたまり、さらにメラニン色素などによって黒く見えます。比較的代謝が活発で、皮脂がたまりやすい鼻や額に出来ます。

赤ニキビ(化膿ニキビ)

赤ニキビ(化膿ニキビ)

初期ニキビが悪化して、毛穴に溜まった皮脂に細菌が繁殖し、炎症を起こしてニキビの表面が赤く見える状態のニキビです。さらに炎症が続くと痛みを伴ったり、痕に残ることがあります。

ニキビの治療法

お悩みから探す