Menu

シミ・くすみの特徴 / 種類

シミやくすみは多くの方が30代後半から40代にかけて目立ってきたと実感されています。

その原因はさまざまあり、主に女性ホルモンや紫外線と考えられます。それぞれの症状で治療法や施術後の経過も大きく異なります。

老人性色素斑

老人性色素斑(日光性黒子)

シミの中で最も多いといわれます。紫外線が主な原因とされ、顔や腕など肌の露出部分に多く生じる褐色の色素斑です。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着

ニキビなどの炎症を生じた部位に現れる、境界が不明瞭な褐色~濃褐色の混在した色素沈着です。自然に治ることが多いです。

肝斑

肝斑(かんぱん)

30~40代の女性に多く、左右対称に眼窩下部~両頬に好発する褐色の色素斑です。

脂漏性角化症

脂漏性角化症

手で触るとわずかに盛り上がった褐色の良性腫瘍の一つです。日光の当たるところに多発します。

そばかす

そばかす(雀卵斑)

遺伝性の色素沈着で、散在性に広がる直径数㎜までの淡褐色の色素斑です。思春期に目立つようになります。

後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

幼少期には見られなかった「そばかす」より若干大きな褐色~青灰色の色素斑が、20代頃の成人期になってから出現します。

シミ・くすみの治療法

お悩みから探す